レオタニモト スタッフ ブログ

眼を護るには、OakleyのJacketシリーズは最適でしょう~!!

いつもご購読頂きまして、誠にありがとうございます。

"Oakley"担当のHideで~す。


今回は、今期の目玉ぎょえー!をご紹介いたします。

デリバリーが開始されたのは、"Minute 2.0"と"Straight Jacket"となります。

眼を護る...とタイトルにあるように、眼を護る機能がふんだんに詰まったEye Wearなのです。

USA ANSI87.1工業規格全てを完全網羅した仕様は、非常に徹底した製品作りと特許を大切にしております。

こちらは、"Oakley"の強さを一番証明出来るImpact Protectionと言うテストを映像にしたページです。


★映像は、こちら★

某有名メーカーのサングラスは、粉々に粉砕しております。

これが、実際自分の眼ならば...と考えると恐ろしくなります。こえー

これに付随して、新しい機能も追加致しました。

Hydrophobicレンズコーティングというものが施してあります。

こちらは水、油、埃等を寄せ付けない、いわば撥水コーティングの王様です。

スポーツ業界では、圧倒的な人気を誇る技術でございます。(指紋も付き難いしね)

映像は、こちら。

必ずチェックして下さいね。


では、下記が当社在庫の画像です。

是非、宜しくお願いします。


こちらが、Minute 2.0です。

カラーは、Polished White/G30 Black Iridiumです。

minute2.0 white


G30レンズはコントラストレンズですが、掛けている事を忘れるくらい良い可視光線透過率のバランスが良いです。

続いて、偏光レンズから1点。

Brown Tortoise/Bronze Polarized。

minute2.0 tortoise


Oakleyの偏光レンズはドライブ、ツーリングと普通に違和感無く使用が可能です。

これは非常に重要な事で、釣り専用の偏光レンズ等ではドライブ等に使用出来なかったりします。

これは、レンズクォリティが低かったり、レンズカラーが通常ではあり得ない色だったりと言う事がまれにありますので...。

続きまして、"Straight Jacket"。

カラーは、Blood/VR28 Black iridium Polaraized。

上記と同様に、偏光レンズです。

ストジャ blood


続いて、Grey Smoke/Slate Iridium。

ストジャ クリブラック


"Ichiro"選手が、最も信頼を置いているレンズカラーがこのSlateレンズです。

次は、Polished Black/Black iridium。

ストジャ 黒


一番ナチュラルなレンズカラーです。定番と言った所でしょうか??

次が最後となります。

じゃ~ん!!!White Chrome/40%+Red。
ストジャ whiteクローム


今回最も人気があり、問い合わせも多かったカラーです。

可視光線透過率が40%なので、見た目とは違い非常に柔らかいレンズカラーです。


では皆様、一度来店して頂き試掛してみて下さいね。

紫外線は、冬も夏も関係ありませんよ~!!!

テーマ:Oakley - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/02/07(木) 00:00:00|
  2. ホットニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<★OakleyデザイナーズコラボレーションSunglass入荷しました~!!!★ | ホーム | MONSTER ENERGY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leotanimoto.blog97.fc2.com/tb.php/80-57b20d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

leonet51

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する