レオタニモト スタッフ ブログ

防水オフロード(?)ブーツ

  の多い3月です。   

もともと春先は3、4日の周期で天気がころころ変わり、暖かくなったと思ったら寒さがぶり返し、なかなかすぐには暖かくなってくれないものです。
こういうのが三寒四温としみじみ感じ入りますが、残念ながらこの用語、本来の意味は違うとか(現代の使い方としてはありだそうです)。
何にしても、バイクに乗るのに装備に迷う季節ではありますよね。

通勤でも必ずバイクの私は防水装備にはこだわっています。
事実上不可能ですが、できることなら完全防水したいとそれに近づける装備を色々試していまして、半ば防水オタク化してしまってます(ついでに防寒オタクでも)。
バイクの防水で、意外と皆さんが簡易的に済ませてしまうのが足元ではないでしょうか。
濡れても我慢していたり、ブーツカバーでしのいでいたりと。
ここでおすすめなのが防水シューズ
とりわけGORE-TEXを使ったものが防水性の信頼が高くオススメです。
GORE-TEXシューズ
GOLDWIN GORE-TEXライディングシューズ
街乗り、ツーリングはこれで万全です。
この他にもオンロード用には様々な防水ブーツ・シューズがでています。

しかし困るのはオフロード、意外とブーツに防水タイプが無いんです。

一部トライアル用にあることはあるのですが、防水インナーブーティ重ね履きでブーツの中は濡れてしまうので、防水オーバーソックスを使えば同じということでここでは却下


本気でオフで遊ぶなら別に防水は必要ないのですが、ツーリングベースだとやはり足は濡らしたくないですよね。
これまではトレッキング系のライディングシューズを使っていたのですが不安は残ります、やはりブーツが履きたい。

そんな中でカタログを見ていて気になったのがこれ。
SCOUT WP
alpinestars SCOUT WATERPROOF
カテゴリー的にはツーリングブーツですが、なんやLight OFF-ROADって表記がある。
作りもONのようなOFFのような中間で、でもONではちょっとばかしごっつそうやし。
メーカーさんに何用?って訊ねるとツーリング用とのお答えが、それはわかっとります。
このLIGHT OFF-ROADって何?と再度つっ込むと、まあツアラー系ビッグオフでの(言外にオンロードでとのニュアンスをひしひしと感じさせながら)ツーリング用ですと。
防水ってオフロードで使っても持つのとの問いにも、あまりがんがんあてたりはさんだりすると防水メンブレンが持たないかもしれませんと、そりゃそうだ。
強度もロードよりだからトライアルブーツよりまだ柔らかそう、でも普通のツーリングブーツやシューズよりは強そうだし、ソールパターンもオフロード向きってことで、オフロードツーリング用として認定することとしました。

で、早速自分用に購入してテストしてみました。
履き心地はロードのツーリング用よりは固め、オフとしたら柔らかくトライアルブーツに近い感じです。
いわゆるオフロードブーツの慣らしは必要ありませんが、足と感覚が馴染むまでは慎重に操作するのは一般的なレザーブーツと変わりない程度。
ニーシンガードとの相性は、いつも使うevsと合わせてみたところ特にストラップを伸ばすこともことも無くフィットします。
evs

ダート走行に行ってみることにしましたが、行きがけの一般道で馴染ますためにスタンディングやシフトチェンジ、ブレーキペダルの踏み具合を試していましたので周りを走行する車からはきっと挙動不審に映ったことでしょう(もちろん車間などの安全を確かめています)
最初のダートでも同じく感触を確かめていましたが、一本走り終わる頃にはいつも使っているのと変わりないくらいに馴染んでいました。

この日は幸か不幸か晴れて雨は降っていなかったですが、せっかく林道まできたので防水テストもしておきたいところです。
道脇にはが流れています
今は3月
まだ山の水は冷たいはず...
やるしかないですか。
沢
2分くらいは我慢したでしょうか、濡れなくともやはり冷たい、この辺で勘弁しておいてやるとしましょう。
使う前に防水クリーム(念のため透湿素材対応のもの)を塗っておいたので、しっかりはっ水してくれているのが見てとれます
はっ水
ブーツを脱いで中身チェッーク
ソックスは自分の汗が冷やされて湿っている場合がありますので、インナーソールを抜いて水気がないか確かめたところ浸水の形跡なし。
sofsole

このインナーソールは標準装備のものからクッション性に優れたsofsoleアスリートに交換しています。これによりステップからの振動・衝撃が緩和され疲れ難くなります。


ブーツの中に手をつっ込んでの確認もしますが内側は大丈夫です
表素材と防水メンブレンの間に若干水が入るのは構造上仕方ないのですが、内側まで湿った感じもきていないのでまずは合格としましょう(この後帰宅まで残った水分が内に伝わることもありませんでした)。
転倒などで傷をつけると防水フィルムがどこまで持つのか心配なので、個人的は雨と冬のオフロード用に使っていこうと思います


テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/25(木) 17:53:20|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<防水のすゝめ | ホーム | OGK祭 第2弾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leotanimoto.blog97.fc2.com/tb.php/329-eb208360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する