レオタニモト スタッフ ブログ

SHOEIヘルメット フィッティング販売会

shoei_pfs01
7月24日(日) 用品館レオナにてSOEIヘルメットのフィッティング販売会を開催致します。
当日はSHOEI代理店岡田商事様のSHOEIパーソナルフィッテイングの資格を有するスタッフが来店、あなたのサイズを計測して頭の形状に合わせてジャストフィットする内装をお作りします。

長時間ヘルメットを被っていると頭が痛くなった経験はありませんか。これは主にサイズが合っていないことが原因で、正しい位置で被れていないと変なところでヘルメットの重さを支えてしまいだんだんと痛くなってしまい、最後にはヘルメットを被ること自体が苦痛になることもあります。
これはサイズが小さくてきつい場合だけでなく、大きすぎても支える場所が悪いと安定しなくて痛さを感じる場合があります。

これを解消してくれるのがフィッティングシステム、個人の頭の形に合わせて内装を調整してジャストフィットのヘルメットに仕上げていきます。

SHOEIのフィッテイングは専用の計測機で採寸するところからスタート。
shoei_pfs02

頭の各部を測ったら、専用ソフトにデータを入力、ベースになるヘルメットを決めると自動的にフィットするサイズ、パッドの形状が算出されます。
ここからフィッテイングパーツを使って手作業で内装を作成していきます。
shoei_pfs03

shoei_pfs04
出来上がった内装の一例、頭頂部にパッドを足してを厚くして左サイドにもパッドを足して左右のゆがみを微調整してあります。
人の頭は左右対称ではありませんが、ほとんどの方の微妙なずれは通常のパッドの厚みが吸収してくれて対応できています。
しかし明らかに左右がずれてしまう場合には、このように部分的にパッドを足すことで修正も可能です。

そしてベースサイズもフィッテイングによって変わることがあります。
shoei_pfs06
Sを被ると少しきつい、Mだと大きくて動くという方。
この場合Mからパッドを厚くして調整することが一般的ですが、この時に取った方法はSから頭頂部の内装を厚くするというもの。
shoei_pfs05
この方は頭頂部にパッドが乗らず被り位置が下がってしまうので、足りない部分にパッドを補って正しい高さで被れるようにする。左右も細い頭の形状なのでここにもパッドを足し、チークのみはSでは少しきついので薄いパッドに変更。
小さいと思っていたSに部分的にパッドを足すことでフィット感が良くなり、結果的に楽に被れるようになりました。
単純にサイズを上げれば楽になるのではないという例でした。

フィッテイングは当日新規でヘルメットを購入いただく方が対象で、ヘルメット代以外の費用はかかりません ヘルメットが欲しいけれども、自分のサイズが良く分からない、既存のサイズではしっくりこないとお悩みの方、是非この機会にジャストフィットのヘルメットを体感してください。
  1. 2016/07/09(土) 18:30:23|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ZRX最終型発売! | ホーム | ヘルメット下取りと、ちょっと早いけどレインフェアなどを>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leotanimoto.blog97.fc2.com/tb.php/1210-c58fc27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

leonet51

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する