レオタニモト スタッフ ブログ

alpinestars BOGOTAドライスタージャケット

APBDSJK-01
alpineatars特価ライディングジャケットのご紹介です。
BOGOTAドライスタージャケット
ツアラー系のジャケットで、バイクのジャンルはオンロード、オフロードを問わず、シーズンもこれからの秋冬だけでなくインナー調節でオールシーズンに対応[alpinestars BOGOTAドライスタージャケット]の続きを読む

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/10/06(金) 14:39:40|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨とシールドと眼鏡

gaf001
バイクに乗る上で、このタイトルの3つの組み合わせから、
バイク用品店としてこれからご紹介するのに導き出されるものは、
さて何でしょう。

はっ水コート
ではありません、おしいですけど。

正解は? [雨とシールドと眼鏡]の続きを読む
  1. 2017/10/02(月) 13:10:03|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電熱ウェアHEATECH(ヒーテック)が体感できます

htc17-01
寒い季節が近づいてくると気になるのが、ハンドルカバーと電熱の防寒対策グッズ
このふたつは、一度使うとほとんどの方が手放せなくなることからも効果の高さが伺えます。

その中でも結構高価な部類に入るのが電熱のウェアとグローブ類
htc17-03
ほんとに温かいのか、またどのくらい温かいのか気になるところだとは思います。
htc17-04
HEATECH(ヒーテック)の電熱ウェアは電池式だけではなく車体より電源を供給するタイプがあり、長時間安定しての温かさを維持してくれます。

レオナ店ではヒーテックコーナーを設置し、その温かさを実際に体感いただけるデモ機をご用意しました。
htc17-02

その場で電源を接続して、インナージャケットとグローブの電熱効果を体感いただけますので、当店にお越しのさいは是非お試しください。
htc17-05

パンツも電源接続はできますが、インナータイプですので店頭でお試しいただくのはちょっと無理があるかと思われますので、こちらは消費電力が同じジャケットにて温かさを体感ください。
htc17-06

ヒーテックは車体バッテリーから配線を一箇所作っておくだけで、ジャケット、パンツ、グローブ、トゥウォーマーをそこから接続してご使用いただけます(一部オプション配線が必要となります)。
htc17-07


  1. 2017/09/29(金) 20:44:05|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガエルネ G-REACT発売!

grct-01
ガエルネのオフロードブーツの新製品 G-REACT(ジーリアクト)が入荷しました。

ガエルネ初のユニピボットシステムを採用したこのブーツは、足首を守る剛性をもたせながら前後にはスムーズに動くので、硬くて動かないのは操作しにくくて嫌だけど、柔らかすぎると不安だという方にぴったりです。
grct-03
ブーツ内側には関節のように動くピボットで前後には動きながら、挟まれたときのガードをするとともに捻りを防ぎます。
grct-04
ピボットある外側はバックルベースを留める樹脂プレート部が足首をガード。こちらはブーツ本体からフローティングさせることでしなやかな動きを確保しています。

ガエルネならではのしなやかなレザーとユニピボットシステムのおかげで、足を通した瞬間からすぐにバイクに乗って操作ができそうなくらい履きやすいブーツに仕上がっています、もちろん馴染んでくるとさらにフィット感が増してより操作がしやすくなることと思います。足型も正規輸入代理店のJAPEXがメーカーと共同開発で、日本人向け仕様の足型にて生産していますので、一般の海外製ブーツでは足幅が狭くて痛くなりやすい方も合わせやすいかと思われます。

カラーは4色
grct-07
ホワイト、ブラックの定番の単色に加えて、オレンジ、そしてレッド/イエローをラインナップ。
サイズは26.0cmより0.5cmピッチで28.5cmまで。

とてもよく出来たブーツですが、サイズ合わせをされるときに確認いただきたい点がありまして、
grct-08
4本あるストラップのうちの上2本がやや短くて留めにくいと感じるかもしれません。
デザイン上ストラップを留めるバックルがやや後ろに設定されているので、ちょうどふくらはぎの太い部分が来る日本人には少し余裕がなくなってしまいます。対策としては、ガエルネブーツによく採用されているバックルの位置調整がこのブーツでも出来るようになっていますので、ビスを外して一つ内側にずらせば余裕ができます。
grct-09

大型のニーガードを使われてこれでも短い場合は、オプションでエクストラロングのストラップが用意されています。
grct-06

林道ツーリングからエンデューロ、そして軽くMXコースで遊べるとオールラウンドに使えるG-REACT、価格も税込みで37,800円とこの作りとしては比較的高くない設定となっていますので、初めてのオフロードブーツにもおすすめです。
  1. 2017/06/16(金) 13:33:02|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

載せやすいシートバッグ

nb101-01
梅雨入りしたとたんに雨の降らない京都です。
日中に適度な暑さはありますが、梅雨時期の晴れ間にありがちな湿気が高くてまとわりつく暑さなんてこともなく、風は爽やかでバイクで走れば爽快そのもの。
これはもうツーリングに出掛けなさいと言われているようなものですね、とバイク乗りの勝手な解釈をしてしまいましょう。ほんと今乗らないともったいないですよ。

ツーリングでちょっと遠出する時、後ろに荷物を載せるのに便利なのがシートバッグ
最近のリアシートが小さいスポーツバイクでは小型のバッグにしてしまいがちですが、そんなシートの小さい車種でも安定して取り付けやすいミドルサイズのシートバッグをご紹介します。
nb101-02
デグナー NB-101 アジャスターシートバッグ
通常18リットルから、容量可変のアジャスターを開くと34リットルと結構な量が収納できます。
特徴的なのはシートに載せる部分の形状
nb101-03
裏側からみるとくぼみの真ん中に取り付けのベースプレートがあります。
シートが細めの場合はベースプレートの両側がシートを軽くはさんで両サイドにそうので、底面が安定して左右にぶれにくくなります。

nb101-04
YZF-R25の軽く山形になっている細いシートでも
nb101-05
サイドのカバーに自然な形で載っています。

nb101-06
シートのサイドカバーが結構張り出しているCBR250RRでも
nb101-07
ソフトな素材なので形状に合わせてフィットしてくれます。

nb101-08
コンパクトなGIXXERは全体に細めでリアシートも幅があまりありませんが、安定して取付けできそうです。

さらにミニサイズのZ125PROでも。
nb101-09
原付2種ツーリングで遠くまで行く時でも、これなら荷物を背負わずに載せられそうです。

リアシートが小さくて荷物を載せにくくてとお困りのかたにお勧めのバッグでした。
  1. 2017/06/15(木) 13:16:24|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

leonet51

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する