レオタニモト スタッフ ブログ

長時間ライディングでのお尻の痛み解消しましょう

agstcsn_01
ロングツーリングに行って、長時間のライディングでシートに座りっぱなしだとお尻が痛くなってきて、一度そうなると少々休憩してもすぐまた痛みがぶり返すなんて経験ありませんか。
振動の大きいバイク、シートが細くて硬いオフ車などはすぐにも痛みがやってきますが、シートのクッション性のいいバイクでも時間の経過とともにじわじわと痛みが襲ってくることも多々あるようです。

このお尻の痛みは乗車時のお尻にかかる圧力(=座圧)が同じ場所に集中してしまい、そこばかりで支えることにより血行が悪くなることでその周囲にまで痛みが広がるのが主な原因です。シートが柔らかすぎても沈んでしまい、座圧が掛かる部分は結局同じ場所に集中するので、硬いシートよりも多少はマシという程度で遅かれ早かれ痛みはやってきます。

この痛みを解消するのに有名なのがゲルザブ
agstcsn_02
低反発のゲルフォームのエクスジェル素材がお尻の形状に合わせて反発することなく包み込むように沈むので、
座圧を分散させてくれます。agstcsn_03
さらに振動も軽減してくれるので、路面からの突き上げやエンジンの振動を抑えてくれることで、疲れにくくなります。

そして、このゲルよりもさらに長時間の走行でも疲れにくくしてくれる効果が期待できるのがエアを使ったクッション。
agstcsn_04
agstcsn_05
連なった空気の部屋(エアセル)に少量の空気を入れておくことでシートからお尻を僅かに浮かせ、つながったセル同士間をエアが行き来するので座圧も常に変化することで一定の場所に負担をかけず、血行不良によってお尻が痛くなるまでの時間を大幅に引き伸ばすことができます。エアの量は状況や好みに応じて工具無しで簡単に調整できます。
また気体であるエアを緩衝材として使うことで、車体からの振動抑制効果が高いのも痛みや疲労の軽減につながっています。

ではゲルとエア、どっちがいいのかですが、スポーツ的な走行には車体と密着してズレにくいゲル、シビアな操作はしないゆったりしたツーリングなら少し浮いた感覚になるエアをお勧めします。

そして、ゲルとエアを組み合わせたハイブリッドタイプも出ました。
agstcsn_06
エアタイプの上面にゲルを配置したエアゲルタイプ。
エアをいれればゆったりのツーリング仕様に、エアを抜いてゲルだけの効果にすればシートに密着してずれにくいスポーツ走行仕様に簡単に切り替えができます。

シートに乗せて使う物なので、足つき性を心配される方もいらっしゃることでしょうが、いずれも使用時には1cm程度の厚み増しにしかならないので、影響はあまり無いかと思われます。
今ならレオナ店に上記3種類の店頭在庫がございますので、是非ご覧ください。
  1. 2017/04/08(土) 21:16:14|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つや消し塗装パーツのクリーニング

mtc_cl-01
ヘルメットやバイクの車体のカラーで、特に人気の高いのがつや消しのマットカラー
ヘルメットでは種類を問わずつや消しブラックが一番人気で、最近ではグラフィックカラーでもつや消しベースが増えてきました。

そんなマットカラーで困るのが汚れた時のお手入れ。表面のざらつきで光の反射を抑えているつや消し加工は、汚れも引っ掛かりやすく、油汚れなどは拭き取ってもなかなか取り切れなくて困ることがあります。下手に強いクリーナーを使うと、つや消しの効果が取れてしまうのに汚れはそんなに取れていないとかになることもあります。

そんなつや消し素材の汚れ取りに使えるクリーナーとして、WAKO'Sのフォーミングマルチクリーナーがつや消しは保ちつつ汚れだけを落としてくれるので重宝しています。
mtc_cl-02-1
WAKO'S フォーミングマルチクリーナー
mtc_cl-02-2
泡で包み込み、水無しでも使えるのが特徴。
mtc_cl-03-1
つや消しのヘルメットの表面、黄色の矢印で示したところに手汗のような油汚れがついています
フォーミングマルチクリーナーで拭き取ると、
mtc_cl-03-2
ほぼ分からなくなるところまで汚れは目立たなくなりました
特につや消し素材専用としている訳でもありませんが、成分的に塗装を傷めることなく汚れを落としてくれます

その後ヤマハのケミカルブランドYAMALUBEより、マットカラー専用クリーナーが発売されました。
当初ヤマハさんが紹介でサンプルを持って来られた時に試させていただいたところ、マットカラー専用とあるので期待したわりにはあまり落ちなかったので、WAKO'Sの方がいいと思っていたのですが、その後よくよく確認するとこのクリーナーには必ず専用のマイクロファイバークロスを使用してくださいとの注意事項が。
mtc_cl-04
そのマイクロファイバークロスで試してみましたら、
mtc_cl-05-1
こんな汚れや
mtc_cl-06-1
こんな油染みのような汚れも、
mtc_cl-05-2
mtc_cl-06-2
どこに汚れがあったのか分からなくなるくらいに、綺麗に落としてくれました
ヤマハさんすいません、使い方ちゃんと見ていませんでした。

と言う訳で、マットカラーの汚れ落としに困っていらっしゃいましたら、ヤマルーブにマットカラー専用クリーナーもお勧めします。
  1. 2017/03/19(日) 18:38:52|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプリングフェア開催中

sp17_01
大阪モーターサイクルショーが今日からスタートしました、いよいよ春本番です。
レオタニモトではスプリングセールを開催中、用品館レオナも新生活応援のスプリングフェアとして、バイク乗出しに必要なヘルメットやロックなどを特価にてご用意しております。
sp17_02
春物のジャケットも入荷。
sp17_03
ジャケットでは新作春物にご利用いただける割引クーポンを付けたカタログも配布中、その場でもご使用いただけます。


ヘルメットは旧型の在庫処分品もあります。
sp17_04
SHOEIのオフロードヘルメットVFX-Wのグラフィックモデル、ターモイルとシアー。特価でさらにSPYのゴーグルをプレゼント。
こちらはカラーチェンジだけで、ベースのVFX-Wに変更はありません。
sp17_05
OGKの軽量フルフェイスヘルメットのエアロブレード3、こちらはモデルチェンジで新型がモーターサイクルショーで発表されていることと思います。当店在庫分は特価で、プラスでヘルメットセラミックコーテイングを無料で施工させていただきます。
こちらは店頭現品限りとなりますので、お早めに。
  1. 2017/03/18(土) 18:53:25|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーグルとヘルメット

17sp100hel_00
100%ゴーグルの2017年春モデルのNewカラーの中でもひときわ異彩を放つのが、こちらACCURICHAPTER11
これどんなヘルメットと合わすの?とスタッフ間でも話題になり、2、3個合わせてみても何かしっくりこない、それならと店頭にあったMXヘルメットに片っ端から合わせてみました。

17sp100hel_01
まずは無難にソリッドのブラック、まあ悪くはないでしょう、ちょっとゴーグルの柄だけ浮いてる気もしますが。

それではベストを探してみましょう。
[ゴーグルとヘルメット]の続きを読む
  1. 2017/02/10(金) 16:07:55|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間もなく発売 SHOEI 2017新製品

1月に発売したオフロードヘルメットVFX-Wの新グラッフィックで2017新製品をスタートさせたSHOEI、オンロードのヘルメットは今月末頃より発売を控えていますので、近日予定のものからご紹介致します。

sho17r-01
GT-Air SWAYER
便利なインナーバイザー装備のツーリングモデルGT-Airの新グラフィックです。シックなライン構成はツアラー系の車両と合わせていただくと、落ち着いた大人のツーリングの雰囲気を作ってくれそうです。人気のマットカラーもラインナップ、そしてヨーロッパで好評のイエローがそろそろ日本でも定着しそうな予感も。
2月中の発売を予定しています。

SHOEIフラッグシップモデルX-Fourteenにレプリカが少ない、いつ出るのと首を長くしてお待ちの方、今年はご期待ください。
まず今年の第一弾
sho17r-02
X-Fourteen YANAGAWA
ライムグリーンファンの方なら、もうこれで決まりですね。
柳川選手のレプリカ、もちろんFourteenでも外すことなんて出来ません。
こちらも2月中の発売を予定していますので、もう少しだけお待ちください。

続いて3月の発売予定はこちら
sho17r-03
X-Fourteen KAGAYAMA
加賀山選手レプリカは2色で展開。
選手として自身の走りだけでなく、モータースポーツの可能性を広げるTEAM KAGAYAMAの活動からも目が離せません。

そして4月の発売予定にはマルケス選手の新色
sho17r-04
X-Fourteen MARQUEZ4
冬のモノクロバージョン、今回はFourteenで出してくれます。やはりレプリカはレーシングモデルでという方には嬉しいですね。

X-Fourteenのレプリカシリーズは、この後も限定のラバティー、夏にはレジェンドのローソンレイニーレプリカも控えています。
3月には出来上がる今年のカタログでは、豪華内容でどれにするか迷ってしまうかも知れませんね。

[間もなく発売 SHOEI 2017新製品]の続きを読む
  1. 2017/02/06(月) 17:35:50|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

leonet51

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する