レオタニモト スタッフ ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ド・初心者ツーリング




皆さんこんにちは。本日はツーリングイベントのお知らせです(=゚ω゚)ノ

毎年恒例の初心者ツーリングが開催されます。
ド・初心者ツーリングですので、ツーリングに行ったことのない方、行ってみたいけど流れに合わせられるか不安な方。
今回のツーリングの主役は初心者の皆さまですのでしっかりとペースを合わせ、安心安全にツーリングを楽しめるように企画しております!
ぜひこの際にツーリングデビューしてみてはいかがでしょうか!!



↓↓↓以下ツーリングの詳細となります↓↓↓

今年は朽木でBBQを楽しもう!
開催日:平成29年7月9日

これからバイクの楽しみを知りたい方やバイク仲間を増やしたい方のご参加をお待ちしております!

バイクの愉しさご一緒に!

19148979_1567238676621819_8403708299185141589_n.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 11:12:27|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガエルネ G-REACT発売!

grct-01
ガエルネのオフロードブーツの新製品 G-REACT(ジーリアクト)が入荷しました。

ガエルネ初のユニピボットシステムを採用したこのブーツは、足首を守る剛性をもたせながら前後にはスムーズに動くので、硬くて動かないのは操作しにくくて嫌だけど、柔らかすぎると不安だという方にぴったりです。
grct-03
ブーツ内側には関節のように動くピボットで前後には動きながら、挟まれたときのガードをするとともに捻りを防ぎます。
grct-04
ピボットある外側はバックルベースを留める樹脂プレート部が足首をガード。こちらはブーツ本体からフローティングさせることでしなやかな動きを確保しています。

ガエルネならではのしなやかなレザーとユニピボットシステムのおかげで、足を通した瞬間からすぐにバイクに乗って操作ができそうなくらい履きやすいブーツに仕上がっています、もちろん馴染んでくるとさらにフィット感が増してより操作がしやすくなることと思います。足型も正規輸入代理店のJAPEXがメーカーと共同開発で、日本人向け仕様の足型にて生産していますので、一般の海外製ブーツでは足幅が狭くて痛くなりやすい方も合わせやすいかと思われます。

カラーは4色
grct-07
ホワイト、ブラックの定番の単色に加えて、オレンジ、そしてレッド/イエローをラインナップ。
サイズは26.0cmより0.5cmピッチで28.5cmまで。

とてもよく出来たブーツですが、サイズ合わせをされるときに確認いただきたい点がありまして、
grct-08
4本あるストラップのうちの上2本がやや短くて留めにくいと感じるかもしれません。
デザイン上ストラップを留めるバックルがやや後ろに設定されているので、ちょうどふくらはぎの太い部分が来る日本人には少し余裕がなくなってしまいます。対策としては、ガエルネブーツによく採用されているバックルの位置調整がこのブーツでも出来るようになっていますので、ビスを外して一つ内側にずらせば余裕ができます。
grct-09

大型のニーガードを使われてこれでも短い場合は、オプションでエクストラロングのストラップが用意されています。
grct-06

林道ツーリングからエンデューロ、そして軽くMXコースで遊べるとオールラウンドに使えるG-REACT、価格も税込みで37,800円とこの作りとしては比較的高くない設定となっていますので、初めてのオフロードブーツにもおすすめです。
  1. 2017/06/16(金) 13:33:02|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

載せやすいシートバッグ

nb101-01
梅雨入りしたとたんに雨の降らない京都です。
日中に適度な暑さはありますが、梅雨時期の晴れ間にありがちな湿気が高くてまとわりつく暑さなんてこともなく、風は爽やかでバイクで走れば爽快そのもの。
これはもうツーリングに出掛けなさいと言われているようなものですね、とバイク乗りの勝手な解釈をしてしまいましょう。ほんと今乗らないともったいないですよ。

ツーリングでちょっと遠出する時、後ろに荷物を載せるのに便利なのがシートバッグ
最近のリアシートが小さいスポーツバイクでは小型のバッグにしてしまいがちですが、そんなシートの小さい車種でも安定して取り付けやすいミドルサイズのシートバッグをご紹介します。
nb101-02
デグナー NB-101 アジャスターシートバッグ
通常18リットルから、容量可変のアジャスターを開くと34リットルと結構な量が収納できます。
特徴的なのはシートに載せる部分の形状
nb101-03
裏側からみるとくぼみの真ん中に取り付けのベースプレートがあります。
シートが細めの場合はベースプレートの両側がシートを軽くはさんで両サイドにそうので、底面が安定して左右にぶれにくくなります。

nb101-04
YZF-R25の軽く山形になっている細いシートでも
nb101-05
サイドのカバーに自然な形で載っています。

nb101-06
シートのサイドカバーが結構張り出しているCBR250RRでも
nb101-07
ソフトな素材なので形状に合わせてフィットしてくれます。

nb101-08
コンパクトなGIXXERは全体に細めでリアシートも幅があまりありませんが、安定して取付けできそうです。

さらにミニサイズのZ125PROでも。
nb101-09
原付2種ツーリングで遠くまで行く時でも、これなら荷物を背負わずに載せられそうです。

リアシートが小さくて荷物を載せにくくてとお困りのかたにお勧めのバッグでした。
  1. 2017/06/15(木) 13:16:24|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水冷ベスト展示中

mdcv01
 梅雨入りして暑さも一段落するかと思いましたが、晴れると昼間はやはり暑いです。
今年の夏も暑くなるとの予報も出てますし、むしろこれから暑さの本番がやってくるのでしょうね。

 オートバイに乗る上での暑さ対策としては、通気性のいいメッシュのアウター吸水速乾性のいいインナーウェアを組み合わせて、汗をかいても溜め込まずすぐに乾かす、これが今の定番アイテムです。
これに加えて保水性のいい素材のスカーフを巻いて、気化熱で首を冷やすなんて便利グッズもここ数年人気があります。
この水を使って気化熱で冷やす仕組みを首だけでなくベストにして身体を冷やす物もごく一部にはありましたが、水を含ませる素材の欠点として濡れてしまうので普段には使いにくく、どちらかといえばレースなどの競技用として知られています。

 水で冷やしたいけど濡れたくはない、これを実現したのがMACNA社が開発したドライクールベスト
表面生地に水を含ませるのではなく、吸水素材を内部全体配置した中に水を入れる方式の水冷ベストになります。
mdcv02
 右胸上にあるキャップから水を500mlいれて、キャップを閉めてから中で背中から左前に水をまんべんなくまわしてもらうと、内側全体に配置した吸水素材が水を保持します。

 この時点で着てみますと入れたばかりの水は冷たいのでひんやりするのですが、これはじきに体温で温められますので冷たさは徐々に感じなくなってきます。
 このベストが本領を発揮するのはここからで、外気温で表面が温められることで内部の水が気化して水蒸気となり透過性被膜を抜け、この時に気化熱が奪われることで温度の下がった冷気を走行風で取り込み涼しさを体感できます。
mdcv03

 冷却の持続効果は使用環境にもよりますが8時間から72時間、水が少なくなり効果が見られなくなったら水を補充するだけで簡単に回復できます。
 気化により効果が高まりますので、分りやすいのは気温が高くある程度の速度が出ている条件下となります。湿度が高い中でスピードが低いと体感はしにくいのですが、それでも体温の上昇を抑制する効果は見られますので長時間のライディングをトータルで見ると身体への負担が減り疲れの軽減につながります。

 サイズは出来るだけからだにフィットするものを選んでいただいた方が体感しやすいと思います。多少サイズに余裕がある場合は、風を通すフルメッシュジャケットを上に着てフィット感を高めていただくのをおすすめします。

 ウェア担当の私は数年このドライクールベストを愛用していますが、アスファルトの照り返しがたまらなく暑い時でもかなり楽に走行できるのを毎年体感しています。
mdcv04

 夏の炎天下でも長距離を走るぞという方、是非ツーリンググッズの一つに加えていただくことをお勧めさせていただきます。
mdcv05
今ならレオナ店で展示販売していますので、一度ご覧ください。


輸入元による製品紹介のページはこちら
  1. 2017/06/09(金) 20:47:02|
  2. バイク用品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨季雨季(ウキウキ)キャンペーン開催中

uki1701
バイクにとってあまり嬉しくない季節が間もなくやってきそうです、そう梅雨です。
嫌ではあっても自然には逆らえません、ならば雨も楽しんでしまおう、そんな前向きな気分になっていただきましょうとレオナ店では雨でもウキウキして走りたくなるレイン装備を集めた雨季雨季キャンペーンを開催中です。
子供のときに新しいゴム長靴を買ってもらうと雨が待ち遠しく水溜りを見つけては踏み込んでいった、あのワクワクを思い出していただけましたら。

レインスーツスクーター用レインコートレイングローブ防水シューズ、そして防水バッグなど雨対策の数々のグッズをキャンペーン特価にてご用意しました。
uki1702
レインスーツやレイングローブ、防水シューズにつきましては雨の中でも蒸れにくい透湿防水素材のものが多数あります。今まで普通の防水素材しか使ったことがなく、雨では濡れないけど自分の汗でベタベタになってしまってという方は是非蒸れにくい透湿防水素材を試してみてください。雨の走行が苦痛だったのが、ちょっとだけ楽しくなるかもしれませんよ。

uki1703
また雨の時に前が見えにくくなって困るヘルメットの視界を確保する、シールドのはっ水剤曇り止めも各種揃えています。最近は曇り止め加工のされたシールドや曇り止めシートを装備したヘルメットも増えてきましたが、それ以外のヘルメットは期間中お買い上げの方に初回曇り止め剤を塗布するサービスも行っております(一部ヘルメットを除く)。曇り止め剤も長時間持続するようになってきましたので、一度お試しください。

uki1704
この他にも防水グッズのお手入れに関するご相談にも応じています。レインウェアが防水スプレーをかけてもすぐに水を弾かなくなるのでお困りの方、専用ケミカルとお手入れ方法をご案内させていただきます。防水グッズは正しくお使いいただき、保管にちょっとひと手間お掛けいただけますと長くお使いいただけます。
  1. 2017/06/04(日) 17:07:51|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

leonet51

Author:leonet51
京都にあるバイクショップ
オートバイショップ レオタニモト

http://www.leotanimoto.co.jp/


レオタニモト本店・用品館レオナ店・サービスファクトリーのスタッフブログです。
レオタニモト

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。